主婦の内職

内職と言ったらどのようなイメージがありますか?封筒や100円ショップで販売されている造花をせっせと作るようなイメージがありますし、今の時代に内職ってあるの?と疑問に思われている人も非常に多いかと思うのですが、実は今すごく主婦の間で内職が熱いのです。

内職、鏡餅の包装

IMAG0727.jpg IMAG0729.jpg
IMAG0730.jpg IMAG0725_BURST002.jpg
IMAG0732.jpg

内職、鏡餅の包装

1.パックに入ったお餅、福招き猫や干支、色紙、お餅の形をしたプラスチック、水引、金の型紙があります。

2.お餅の上に色紙を両面テープで貼ります。

3.色紙の上に福招き猫を置きます。お餅の形をしたプラスチックを上からかぶせます。

4.金色の型紙を下からはめます。折りまげで裏をシールではります。

5.上からゴムのついた水引をつけて、向きをととのえて、完成。

ポイント


◎季節ものですが、たくさんの量です。簡単にできます。新年を思いながら作業できます。

 


かわいいキーホルダー内職

IMAG0270.jpg IMAG0271.jpg
IMAG0272.jpg IMAG0274.jpg
IMAG0277.jpg

かわいいキーホルダー内職

1.キーホルダーの本体、本体にはめる小さい部品、丸い金具、鈴が、1セットです。

2.まず、穴があいているキーホルダーの本体を穴にあわせて、まるめて、小さい穴のあいた部品をはめます。

3.重なった穴に、丸い金具をはめます。

4.丸い金具に鈴もはめます。

5.しっかり、丸い金具にはまっているか、確認して、できあがり。

ポイント


◎とても、かわいいキーホルダーができます。本体が柔らかいです。丸い金具にはめるのが少し大変です。

 


虫かご組み立て内職

IMAG0255.jpg IMAG0257.jpg
IMAG0258.jpg IMAG0261.jpg
IMAG0263.jpg

虫かご組み立て内職作業

1.かご、ひも、スライド式ふたが、があります。

2.まず、かごが開いているので、折りたたみ、組み立てます。

3.次にスライド式のふたを、向きを確認して、はめます。

4.かごの両端の上側に穴があるので、ひもを指定の長さに切り、端を2回しっかりと結びます。

5.しっかりと、組み立てているか、ひもは外れないか、確認してできあがり。

ポイント


◎スライド式のひたをはめるとき、少しかたいですが、はまります。ずれてないか、確認します。とっても簡単です。

 


内職デコレーションボールの箱詰め作業

IMAG3690.jpg IMAG3687.jpg
IMAG3749.jpg IMAG3684.jpg
IMAG3683.jpg

内職デコレーションボールの箱詰め作業

1.たくさんのデコレーションボールを、色分けします。

2.同じいろを28個づつ、数え、色分けをします。

3.透明の箱に、綺麗に入れていきます。同じ色7個を4列つくります。まっすぐにつめるために、棒やピンを使うと、綺麗にできます。

4.今回は5色なので、20列並べます。 5.数はあっているか、色も、あっているか、確認して、箱のふたを閉めて、裏側をテープで止めて出来上がりです。

ポイント


◎簡単そうですが、ボールが、軽いので、動きやすく、やわらかいので、つめすぎてしまうこともあるので、まっすぐに、並べるのがとても、大変です。集中力が必要です。達成感はあります笑っ!一列目から綺麗にいれないと、後から修正は難しいです。
軽くて、すぐに転がるし、落としても音がしないので、気づかないうちに、なくしてしまいそうなので、気を付けてください。

 


レターセットの袋詰め

IMAG3696.jpg IMAG3700.jpg
IMAG3706.jpg IMAG3707.jpg
IMAG3710.jpg

レターセットの袋詰め

1.便箋、封筒、厚紙、シール、細くて白い紙と細くて透明シート、ビニール袋が、たくさんあります。

2.同じ柄の封筒を8枚数えます。透明のシートで、まとめます。

3同じ柄の便箋を12枚数えます。細くて白い紙で、まとめます。

4.全部できたら、もう一度、枚数と柄を確認します。 5.厚紙の上に、便箋をおいて、その上に、封筒をおいて、シールは左上にして、柄がみえるようにして、透明のビニール袋に、綺麗にいれていきます。端が折れないように気を付けます。はいったら、裏にして、封をします。

ポイント


◎便箋が、曲がらないよう折れないように気をつけて数えます。封筒とシールを位置を気をつけて入れれば、綺麗にはいります。簡単な作業です。

 


リボン作り内職

IMAG3854.jpg IMAG3731.jpg
IMAG3736.jpg IMAG3729.jpg
IMAG3740.jpg

リボン作り内職

1.幅1センチのリボンと、それより細いリボンを指定の長さに切ります。

2.幅1センチのリボンを3つ折りにします。

3.真ん中を指でキュッと、摘まみます。その時に、左右が、綺麗にリボンのようになるように、ととのえて、真ん中に、あらかじめ、切っておいた細いリボンを巻きます。

4.細いリボンをボンドで止めて、しっかりと、乾かします。たくさんつくります。 5.色をあわせて、10個づつ、透明の袋に、綺麗に並べて、いれていきます。

ポイント


◎小さいリボンがたくさんできます。小さいので、ボンドをつけることが、大変でしたが、綿棒をつかうなどして、工夫すると、作りやすかったです。

 


ポケットティッシュの袋づめ

IMAG3332.jpg IMAG3333.jpg
IMAG3334.jpg IMAG3338.jpg
IMAG3335.jpg

ポケットティッシュの袋づめ

1..たくさんのポケットティッシュがあります。ポケットティッシュの裏側があいていないか、チェックします。

2.同じ柄を二個づつ重ねます。

3.今回は1つの袋に6個いれるので、3柄はいることになります。

4.専用の透明袋に向きを揃えていれます。 5.最後に封をします。これをくりかえします。

5.指定の色や、数をあわせて、袋にいれ、封をします。

ポイント


◎子供用だったので、袋に入れやすく、かさばらなかったです。袋に入れるときも、ポケットティッシュの裏側があいてないか、しっかりと、チェックします。あいていたら、専用のボックスに使えないので、いれて返します。

 


和風リボンギフトタイ作成内職

IMAG3326.jpg IMAG3327.jpg
IMAG3328.jpg IMAG3344.jpg
IMAG3341.jpg

和風リボンギフトタイ作成内職

1.和風リボンギフトタイを作ります。指定の長さに、リボンのひもを切ります。

2.切ったひもを三つ折にします。真ん中を指できゅっとします。

3.指できゅっとしたとこに、ギフトタイを巻きます。ギフトタイを半分にしたとこが、リボンの中心にくるようにします。はずれないように、ねじります。そして、リボンのひもの端をギフトタイをねじった側と反対側に、出して、リボンの形にします。

4.たくさんつくります。数えやすいように並べましたが、重ねても大丈夫です。 5.できた和風リボンギフトを5個づつ、透明袋に、同じ向きに、いれます。 はずれそうなのはないか確認します。 。

5.指定の色や、数をあわせて、袋にいれ、封をします。

ポイント


◎リボンのひもや、ギフトタイが、ツルッとしたものでは、なかったので、作りやすかったです。たくさんできます。楽しく作れました。ひもは、先に、指定の長さにカットしてすると、スムーズにすすみます。

 


消しゴムの袋詰め

IMAG1712.jpg IMAG1710.jpg
IMAG1708.jpg IMAG1702.jpg
IMAG1700.jpg

消しゴムの袋詰め

1.たくさんの消しゴムがあります。

2.専用の型紙を形にそって折り、のりをてけます。

3.型紙を、消しゴムにまくようにして、のりをつけたとこと、反対側をくっつけます。

4.いろんな色や柄の型紙をそれぞれ全部つけます。のりが、乾くのをまちます。 。

5.指定の色や、数をあわせて、袋にいれ、封をします。

ポイント


◎簡単です。袋詰めのときに、消しゴムの向きを確認しながら、考えていれます。

 


竹製ペアコースターの内職

IMAG1767.jpg IMAG1772.jpg
IMAG1773.jpg IMAG1770.jpg
IMAG1758.jpg

竹製ペアコースターの内職

1.細い竹と太い竹を指定の数と順番に並べます。

2.ひも2本を竹の端に結びます。1本を表裏表裏に、編んでいきます。

3.裏側にして、もう1本のひもを交互に編んでいき、あめたら、表から編んだ、ひもと結びます。

4.裏側に結び目がくるようにして、結び目にボンドをつけて、乾かします。 。

5.専用の袋に、専用の紙1枚と、竹製コースターを2枚いれて、封をして出来上がり。

ポイント


◎難しそうですが、できます。ひもをまっすぐにすることに、気を付けてください。

 


TOPPAGE  TOP